Q&A

Q. 同じヘルパーに毎回訪問してもらうことはできますか。

A. 事業所の勤務体制などにより訪問するヘルパーが変わる可能性があります。ただし、1日に複数回、ほぼ毎日、定期的な訪問となるので、複数のヘルパーによる対応となっても、全てのヘルパーとすぐに顔なじみになると考えています。

Q. 事業所は、必ず利用者宅の合鍵を預かりますか。

A. 合鍵を必ず預からなければならないということではありません。
個別具体的なケースにより 必要に応じて合鍵を預かることとなります。なお、合鍵を預からずにキーボックスを利用者宅の玄関等に設置(利用者が費用負担(2千円~2万円程度)し設置)してもらい対応 するケースも考えられます。 また、合鍵を事業者が預かる場合については、下記のような規定があります。
▼運営基準第3条の22第9号 指定定期巡回・随時対応型訪問介護看護の提供に当たり利用者から合鍵を預かる場合には、その管理を厳重に行うとともに、管理方法、紛失した場合の対処方法その他必要な事項を記載した文書を利用者に交付する。
▼運営基準について第三 一 4(14)⑨ 指定定期巡回・随時対応型訪問介護看護事業者は、利用者から合鍵を預かる場合には、従業者であっても容易に持ち出すことができないよう厳重な管理を行い、利用者に安心感を与えるものとする。

Q. 介護給付費は1月あたりの定額ですがが、定期的な訪問介護を利用しない日があっても変わらないですか。

A. このサービスを利用しない日があっても、1月あたり定額となります。 ただし、契約日(又は契約終了日)が月の途中の場合は、当該月のみ日割り計算を行います。また、デイサービスやショートステイなど併給可能な介護保険サービスを利用した場合は、日割り計算いたします。

Q. このサービスを利用する場合、デイサービスやショートステイを利用できなくなりますか。

A. 利用できます。なお、この場合の介護報酬は下記のとおり取り扱います。
【通所系サービス】(通所介護、通所リハビリテーション、認知症対応型通所介護)
→定期巡回・随時対応型訪問介護看護の所定単位数から、通所系サービスの利用 日数に応じた規定の単位数を減じる。
【短期入所系サービス】(短期入所生活介護、短期入所療養介護、短期利用共同生活介護、短期利用特定施設入居者 生活介護、地域密着型短期利用特定施設入居者生活介護)
→短期入所系サービスの利用日数(退所日を除く)に応じた日割り計算を行う。

Q. 随時訪問サービスを利用すると一月あたりの定額の介護給付費の他に、追加される費用がありますか。

A.  追加費用はありません。随時訪問サービスの利用も一月あたりの定額の介護給付費に含まれています。

Q. ケアコール端末は利用者が負担するでしょうか。

A. 設置料、リース料、保守料等の費用の利用者負担はありません。なお、利用者宅から事業所への通報に係る通信料(電話料金)については、利用者負担となります。

ページ